ChainTalk Mining、スペースレース2の報酬配布対象を9月30日申し込み分までに拡大

September 24, 2020

FilecoinのマイニングパワーをリースするChainTalk Miningは、9月30日までのリース契約申し込み分を、スペースレース2の報酬配布の対象にすることに決定しました。

メインネットローンチ時にネットワークを活性化した状態でスタートさせるため、Filecoinは8月25日から9月15日にかけ、マイナーを対象にしたコンペティションのスペースレースを開催しました。ChainTalk Miningのマイナー(IPFSMain、6Block、1475 IPFS)は、いずれも好成績を残し、報酬獲得の対象となりました。

スペースレースの結果:

9月24日現在は、スペースレース2が開催されています。ひたすら多くのストレージ容量をネットワークに提供するスペースレースとは異なり、スペースレース2では、ディール成功率などのファイルを保管検索するための安定性が評価基準になっています。

スペースレース2の入賞者は、テストネットでデポジットしているFILをメインネットにプリロードできる権利が与えられます。また、テストネットで獲得したブロック報酬とGASの量に応じて、報酬プールからFILを受け取ることができます。

ChainTalk Miningのマイナーが入賞すると、ChainTalk Miningの参加者はスペースレース2で獲得した報酬を受け取ることができます。報酬は、メインネットローンチから6ヶ月かけて徐々に配布されることになります。対象は、9月30日までの申し込み分となりますので、検討をしている方はこの機会に是非お申し込みください。

ChainTalk Miningの詳しくは:https://www.chaintalk.tv/ja/chaintalk-mining-jp/

Slingshotの特設ページ:https://slingshot.filecoin.io/

5/5

If you liked the article you can share it on the following social networks