次世代 ChainTalk マイニング

コンピューティングマイニングパワーをリースしてファイルコインを獲得しよう

ChainTalkマイニングは、業界で最新かつ最も効果的なマイニング情報を提供するプラットフォームです。ハードウェア機器、ソフトウェアの最適化、技術的セキュリティ、および市場におけるマイニングマシンメーカーであるファイルコインマイニングプールの入出力比率の観点から、弊社は最高のパートナーシップを締結しました。ユーザーの皆様へ収益性の高い低リスクのクラウドマイニング情報を提供します。

ファイルコインは以下の機関から出資を受けています:

y-combinator-logo-transparent
1200px-Andreessen_Horowitz_logo_stacked.svg
winklevoss-capital_logo1
Sequoia Capital logo
ユニオンスクエアベンチャーズ
stanford-university-logo-png--1200
Funders Club
IPFS

IPFSとは

InterPlanetary File System(IPFS)とは、分散型ファイルシステムでデータの保存と共有をするためのプロトコルおよびP2Pネットワークです。IPFSは、コンテンツアドレッシングを使用して、すべてのコンピューティングデバイスを接続するグローバルネームスペース内の各ファイルを一意的に識別します。ネットワークをより速く、より安全にそしてよりオープンにすることを目指しています。

・HTTP分散型ストレージの代替
•分散型ストレージと共有ファイル用のネットワークストレージプロトコル
•コンテンツアドレスが可能なP2Pハイパーメディア分散プロトコル

Filecoinとは?

ファイルコインは、クラウドストレージをアルゴリズム市場に変える分散型ストレージネットワークです。この市場はネイティブプロトコルトークンを備えたブロックチェーン上で実行され、マイナーはクライアントにストレージを提供することで「ファイルコイン(Filecoin)」と呼ばれるトークンを獲得します。ファイルコインはデータストレージ版のエアビーアンドビー(Airbnb)のようなシステムで、ブロックチェーン上の分散型データストレージに関連する取引を決済するための売値と買値を受け入れるP2Pベースの交換を行います。

参加者

ユーザー

ストレージマイナー

リトリーバルマイナー

ファイルコインの割り当て

ファイルコイントークンは、ファイルコインネットワーク内の4つの主要な参加グループに配布されます。この割り当ては、プロトコル自体とファイルコインブロックチェーンのジェネシスブロックに書き込まれます。各グループは、ネットワークの作成、開発、成長、保守に不可欠です。

マイナー
70%

70%がファイルコインマイナーへ割り当てられます(マイニングブロック報酬)。データストレージサービスの提供、ブロックチェーンの維持、データの配布、契約の実行などを行います。

プロトコルラボ
15%

15%がプロトコルラボへ割り当てられます(ジェネシスブロックの割り当ておよび6年間の一定受給権付与)。研究、エンジニアリング、展開、事業開発、マーケティング、配布などを行います。

投資家
10%

10%が投資家の皆様へ割り当てられます(ジェネシスブロックの割り当て、6ヶ月から3年間の一定受給権付与)。ネットワーク開発、事業開発、パートナーシップ、その他サポートなどに関連する資金提供を行います。

ファンデーション
5%

5%がファイルコインファンデーションへ割り当てられます(ジェネシスブロックの割り当て、6年間の一定受給権付与)。長期的なネットワークガバナンス、パートナーサポート、学術助成金、公共事業、コミュニティ構築などを行います。

ファイルコインマイニングとは?

ファイルコインマイニングは、広大なネットワークを介してクライアントにデータストレージと検索サービスを提供することで収益を得る画期的な仕組みです。マイナーはファイルコインネットワーク上でクライアント情報を保存および検索することにより手数料を獲得します。ファイルコインマイナーが保存するクライアントデータが多いほど、マイナーのストレージ能力が増大します。ファイルコインネットワークには複数の種類のマイナーがいます。
•ストレージマイナー:ファイルとデータをネットワーク上に保存する役割。
•リトリーバルマイナー:ファイルを検索するための迅速なパイプを提供する役割。
•リペアマイナー:実装予定。

ファイルコインマイニングを選ぶ4つの理由

  1. ビットコインやイーサリアムと同様に、ファイルコインには投資と投機的価値の両方があり、暗号資産業界外や機関投資家からの注目が集まっています。
  2. 著名な個人および機関投資家による 出資と後援を受けています。例)セコイア・キャピタル(Sequoia Capital)、アンドリーセン・ホロウィッツ(Andressen Horowitz)など
  3. 開発者コミュニティは イーサリアムに次いで2番目であり、IPFSエコシステムには何百ものアプリケーションがあり、1,000名近くの開発者がいます。
  4. 初期マイニングの利点:投機と比較して、マイニングは初期における投資に適しています。ブロック報酬がより多く競争がより少ないため、機関投資家の新たな選択肢となり得るためです。

ファイルコインマイニングプロセス

注文の受け入れ

注文の受け入れ

ソフトウェア+ネットワーク

マイニング適性

CPU / GPU

データエンコード

ソフトウェア+ネットワーク

チェーン上でセクターコミットメントを公開する

クラウドストレージドライブ

CPU

ブロック報酬

ビットコインマイニングとファイルコインマイニングの違い

BTC mining farm

ビットコインマイニングファーム

Electro

高額な電気代

Bitcoin

従来のエネルギー消費モデル

Data Center

インターネットデータセンター

データストレージ

価値共有モデル

ファイルコインの可能性

メインネットは2020年7月20日から2020年8月20日にローンチ予定です。

ファイルコインは米暗号資産取引所ジェミニ(Gemini)に上場予定です。

私たちのユニークなポイント

リスクは低く、 ポテンシャルは高い!

Mining Machine

トップマイニングマシン

弊社ではコンピューティングクラスタとストレージを採用する業界トップクラスのマイニングマシンメーカーを選択しています。

高品質のノード

最大のパフォーマンスを得るため、ユーザーの皆様のために高品質で安定したファイルコインノードを調査して選択しています。


強力なサポート

効率よく安定的なマイニング環境とAからZまでワンストップメンテナンスサービスを提供します。

Our Partners

世界ファイルコインマイナーパフォーマンストップ5

中国No.1の暗号資産ヘッジファンド、フェンブシ・キャピタル(Fenbushi Capital)が株主

高品質のファームとマシン

1475 IPFS ファーム

1475 IPFS ファームのChaintalk マイニングマシン (1475 Pro)

1475 IPFSの法人登記

1475 IPFSとChaintalk マイニングの契約書

1475 IPFS 2回目世界Filecoin マイニングテストネットランキング(第6位、8月2日のデータ)

世界ファイルコインマイナーパフォーマンストップ5

グローバルで最大Filecoin マイニングマシンメーカー

高品質のファームとマシン

IPFS Main ファーム

IPFS Main ファームのChaintalk マイニングマシン (IPFSMain Pro)

IPFS Mainの法人登記

IPFS MainとChaintalk Miningの契約書

IPFS Mainは2回目世界Filecoinテストネットランキングに参加しませんでした。これからのビッグマイナーコンテストに参加するので、ランキングデータは後日で公開します。

今ファイルコインに参加する理由

ジェネシスブロックからファイルコインを獲得する

9月前に参加すると、ジェネシスブロックからファイルコインを受け取るチャンスが得られます。

約400万Filecoinを ビッグマイナーコンテストで獲得できます。

メインネットのファイルコインマイニングに向けて今から準備をし、この素晴らしい機会をいち早く活用しましょう!

期間限定販売(8月3日から8月31日まで)

Rent Now by Community

Mining Machine
  • マイニングプール:ファイルコイン
  • 契約期間:365日(1年)
  • TiB:1T
  • メンテナンス費:30%

Contact us