スペースレースはなぜ重要なのか?ChainTalk Miningの仕組み

9月 4, 2020

Filecoinは、8月25日より3週間にわたりスペースレースを開催しており、現在2週目に突入しています。

スペースレースは、Filecoinがメインネットローンチ直前に行われるマイナー向けの大規模イベントになります。レースはテストネット上で開かれ、ネットワークのストレステスト、マイナーの参加促進、世界規模の分散ストレージネットワークの立ち上げ準備のために行われています。

スペースレースのルールは単純です。開催期間でネットワークに多くのストレージ容量を提供するだけです。最終的に、世界のトップ100のマイナーと各エリアのトップ50のマイナーに、レース期間中に提供されたストレージ容量に基づき、報奨金としてFilecoinメインネットのFILが贈られます。

スペースレースはChainTalk Miningにとって重要な意味を持ちます。我々がレースに参加して多くのストレージ容量を確保することで、それが結果的に投資家の利益になるからです。

上位に入り報奨金を得ることで、マイナーはマイニングを開始するためのデポジットに必要なコインをメインネット開始時から保有できるため、市場からのコインの調達コストを抑えることができます。これは、結果的にマイニングのコストを落とすことにつながるので、投資家はより投資パフォーマンスの高さを享受することができます。

これらの理由から、スペースレースの参加はChainTalk Miningにとっても、その投資家にとっても重要なことといえます。

ChainTalk Miningでは、現在3つの組織(IPFSMain, 6Block, 1475 IPFS, )とパートナーシップを組んでいます。投資家がChainTalk Miningに参加すると、パートナーのデータセンターに分散される形でマイニングマシンが配置されます。そして、ChainTalk Miningが所有するマシンのうちから、自分のマシンのストレージ保有比率に応じたマイニング報酬を得ることになります。

我々が他のFilecoinマイニングサービスと異なるのはこの点になります。

Filecoinマイニングは、マイナーの状況により必ずしも良いパフォーマンスを得られるとは限りません。そのため、マイナーを分散することは、1つのマイナーにリスクが偏ることを回避でき、最終的にそれが投資家に安定した利益をもたらすことにつながります。

現在、ChainTalk Miningがパートナーシップを組んでいる3つの組織は、いずれもスペースレースに参加しており、ストレージ容量は既に上位に入っています。

スペースレースは、9月3日現在も引き続き開催されています。その途中経過は、どなたでもFilecoin Space Raceのページから確認することができます。ChainTalk Miningのパートナーについては、以下のマイニングID及び名前で確認することができます。

  • IPFSMain(t01235+t09037)
  • 6Block(16マイナーの集団になるため、個別IDは省略)
  • 1475 IPFS(t01475)

2020年9月4日午前11時点

5/5

If you liked the article you can share it on the following social networks