Uniswapに流動性を提供して収益を上げる方法

November 26, 2020

これまで三度にわたりMULANについてお伝えしてきた。

しかし、実際に多くの人の興味はMULANの仕組みではなく、それを使って利益を上げることには違いないだろう。

理想は、MULANトークンを安く買って高く売ることであるが、実際に売買のタイミングを図るのは難しいものだ。また、DeFiエコシステムは流動性が高くないということもあり、頻繁な売買は多くのスリッページを招くことになる。

そこで現実的な選択肢は、分散型取引所の流動性プールに流動性を提供することである。売買手数料の一部が自分に入ってくるようになるからだ。流動性に提供した資産は、特に減ることはない。さらにプラスして売買手数料の一部が入ってくるようになる。

この記事では、分散型取引所の代表であるUniswapで、MULAN-USDTの流動性を提供する方法についてお伝えしていく。

必要なもの

Uniswapに流動性を提供するためには、前提としてUniswapと直接接続することができるウォレットが必要になる。

今回はPC環境を例として、ChromeとMetaMaskの組み合わせで解説していくが、Uniswapが対応している以下のウォレット及びウォレット接続サービスであれば何でも良い。

  • MetaMask
  • WalletConnect
  • Coinbase Wallet
  • Formatic
  • Portis

また、Uniswapを利用するために、MULANを買うための原資であるUSDT、手数料用途のETHが必要になる。ETHは、約3,500円分があれば困らないことだろう。

MULAN-USDT流動性の提供方法

USDTとETHをMetaMaskに入金する

UniswapにMULAN-USDTペアの流動性を提供するには、まずMULANを入手する必要がある。そのために、USDTとETHをMetaMaskのウォレットに入金するところから始める。

入金は、MetaMaskにログインし、ウォレット上部をクリックしてコピーされるアドレスに対してUSDTとETHを送金するだけだ。また、MetaMaskのBuyやSwap機能でもUSDTやETHを入手することもできる。

 

入金後にUSDTの残高が見えない場合、MetaMaskの「Assets」画面を一番下までスクロールして「トークンを追加」を選び、USDTを検索することで残高を表示させることができる。

defi, uniswap, blockchain, btc, xrp, eth

USDTをMULANに交換する

Uniswapで流動性を提供するためには、MULANとUSDTが米ドル換算で同額分必要になる。例えば、100ドル分のUSDTと100ドル分のMULANを用意する必要がある。

まず、Uniswapのスワップ画面にアクセスし、交換元のトークンとしてUSDTを指定する。そして、「Select a token」をクリックする。

 

5/5

If you liked the article you can share it on the following social networks

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on whatsapp
Share on telegram
Share on email